誰でも使える公衆用

かつては、外で電話をするといえば、赤電話の時代でした。
10円玉を投入し、長電話が必要な場合、投入口の横に、10円玉を山積みすることもあったかと思います。
そうして、時代が経ち、10円玉と共に100円玉が利用でき、なおかつ、テレホンカードが登場し、より利便性に富んだようなものとなりました。
しかし、こういう公衆電話は、最近姿を消しているようです。
これは、携帯電話が普及し、個人でどこからでも電話が可能となっているからです。
以前であれば、ある程度の範囲に、公衆電話が設置され、法律でも決められていました。
公衆電話の役割は、公共的なことでもあるため、設置されているのが、当然であったのでしょう。
時の流れというは、こういうことを言うのかもしれません。
けれども、災害時に携帯電話が利用できない弱点が判明し、公衆電話が見直されているようでもあります。
公衆電話は、固定電話の一種でもあり、有線によって、接続されています。
無線電話は、邪魔なコードがいらない分、非常に便利なものですが、まだまだ電波で音声を伝達ことが、十分ではない面もあるのかもしれません。
これを鑑みれば、家庭用の固定電話も見直されるかもしれません。
ただし、電話加入権がなくても利用できる時代とはいえ、それをどうしていくのかの課題が残っていることも、事実ではないでしょうか?
いずれにせよ、公衆電話があれば、もしもの時に利用できると言えます。
仮に携帯電話の充電電池が切れたのであれば、公衆電話を利用することで、代替できるとも言えるでしょう。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018本当に使いやすい電話機の条件.All rights reserved.