ビジネス向けを利用

業務用というものが色々なものであります。
それは法人向けとも言えますが、たとえば、投資の世界では、法人窓口などもあり、法人ならではのサービスを設けているようです。
大金が動くため、そうなるとも言えるでしょう。
これは、電話機にも当てはまることであり、それがビジネスホンと言えます。
多機能電話のように、ビジネス向けのものであり、転送機能やダイヤルインなどがあります。
また、家庭用の電話であれば、回線は1つであり、それを共有したり、あるいは、ISDNのような回線の種類で、論理的に2回線とするようなこともあります。
しかし、物理的に1つであることに変わりありません。
しかし、企業の場合、1つでは済まないため、複数回線を引き込むことが当然となっています。
また、共有すると言っても、1つではなく、2つないしは3つなどがあり、事業によっては、一人一回線が割り当てられるケースもあります。
さらに、法人向けの電話には、耐久性が良いものが多いようです。
もちろん、家庭用でも、すぐに壊れるもの、という訳ではないですが、企業向けの場合、移動などが頻繁に発生するケースもあり、耐久性が必要なことは、確かなことかもしれません。
通常、電話の場合、交換機などから電気も来るため、電源コードが付いていません。
しかし、ビジネスホンにおいては、機種によっては、別電源が必要なものもあります。
ただし、家庭向けの多機能電話でも、電源コードが別に必要なものもあります。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018本当に使いやすい電話機の条件.All rights reserved.