ベーシックテレホンもある

多くのものに、簡易版というものがあります。
文書などの要点集のようなものですが、大事なものだけあり、余計なものを付けないということです。
最近では、操作が簡単な携帯電話があり、年配の人向けとなっているようです。
実は、固定電話の中でも、簡易版のようなものがあり、それがベーシックテレホンというものです。
もっとも、日本語では、標準電話機と呼ばれ、電話としては、標準的なものとされているようです。
要するには、通話がメインであり、通話しか利用できないような電話となっているものです。
このため、通話機のみの形のものが、一般的なようです。
当然、留守電やFAXなどの機能はなく、あくまで、電話として最低限のことができるものとなっています。
そうは言っても、番号登録、あるいは、ナンバーディスプレイなどの機能があり、現代の最低限の装備がある電話とも言えるでしょう。
人と話をすることが好きな人でも、多機能が好きな人もいるかもしれません。
三者通話が可能な電話機などがあり、市場でも人気があったようです。
あるいは、ドアホンと連動できるものなども、市販化されています。
しかし、そこまでの機能がいらないという人も多々いることでしょう。
ましてや、現在では、固定電話しか通話する手段がない、という時代ではありません。
固定電話対しては、最低限の機能しか必要とせず、それ以上望まない、という人には、ベーシックテレホンが最適なのかもしれません。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018本当に使いやすい電話機の条件.All rights reserved.