電話の基本的なこと

遠隔地をリアルタイムでつなぐものが、電話であると言えるでしょう。
より正確に言えば、リアルタイムで会話ができることであり、電話の発明は、通信の曙であったとも言えるかと思います。
今では、いろいろなものがありますが、回線では、大きく分けて、2つのものがあるようです。
まず、一つ目は、アナログ回線になります。
これは、従来からのものであり、一つの物理回線で、一つの信号までを流すものです。
電話であれば、通話のみとなり、インターネットであれば、通話と同時に不可能ということです。
かつてのダイアルアップが、典型例でしょう。
二つ目が、デジタル回線であり、これは、アナログ回線とは異なり、一つの物理回線に、複数の信号を流せるものです。
電話回線であれば、ISDNが代表的なものであり、通話をしながらインターネットも利用できました。
また、ADSLも同様なものとなっています。
また、電話には、ダイヤル式とプッシュホン式があり、後者の方がより高速化されていると言えるでしょう。
しかも、自動サービスも充実しているため、純粋に通話だけのダイヤル式とは、大きく異なる面があるようです。
なお、最近では、インターネットをするために、光ファイバーを利用している人が多いことでしょう。
光ファイバーも、デジタル信号を流すことができ、複数の信号を利用することができます。
最近では、固定電話やIP電話などもプロバイダから提供され、数多くの人が利用しています。
しかも、集合住宅であれば、既存の電話回線を利用した光サービスも、行われているようです。

便利な電話情報をチェックするならこちらのサイトがお勧めです!

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018本当に使いやすい電話機の条件.All rights reserved.